建物設備の知識 ⇒ 【本頁の目次】  『電気幹線設備の改修工事』 , 『引き込み方法等の変更』 , 『各幹線設備の更新


各戸の契約容量アップを目的とした電気幹線設備の改修工事

高経年マンションの中には、電気幹線設備の改修工事を行うところが出はじめています。

その理由の多くは、経年劣化ではなく、各戸の電気容量不足の解消にあるようです。

容量アップにはどんな工事が必要になるのか、概要をまとめてみました。

        ※動力設備(ポンプ類・エレベーターの制御盤やモーター等)の改修には触れていません。

なぜ、戸別の契約容量に制限があるのか

マンションは、建設時に、各戸の契約電気容量の上限

を何A(アンペア)にするか決定後に幹線設計をしてい

ます。そして、それに応じた変圧器、配電盤、幹線ケー

ブル、電力計、分電盤が設置されています。

そのため、マンション全体が受け取れる電気容量には

上限があり、各住戸が際限なく契約容量をアップするこ

とはできません。

例えば、建設当時、30Aを上限としていた50戸のマ

ンションが、全戸60Aまで契約できるようにしたいという

場合ですと、電力会社からの受電方法の変更、変圧器の

新設と電気容量アップに適応した幹線ケールブル等の更

新が必要になります。 

低圧受電と高圧受電

 通常、マンションは、電気を「高圧」か「低圧」で受け取っ

ています。

 電柱には円筒型のトランスが設置されていますが、こ

れは変電所から6000Vで送られてくる高圧の電気を低圧

(100Vと200V)にする変圧器です。これによって、

利用者に高圧も低圧も送れるようになっています。

[表1]をご覧ください。

 総電力量が50KVA未満である小規模マンションの場

合は、戸建てと同様、電柱から低圧電力を引き込む契約

をしています(2引込みが可能であれば98KVAまでの容

量を引き込める)。

 一方、1棟の総電力量が100KVAを超える場合には、

高圧電力を受け取る契約となり、マンション内に設置し

た変圧器によって、高圧から低圧へ変換しています。

 [表1]のように借室方式以外は、上限があります。

既存の方法のままで、必要な増量が無理であれば、以下

のように引き込みの方法等を変える必要がでてきます。

容量アップのために−1(引き込み方法等の変更)

(a)低圧受電のまま「1引込み」⇒「2引込み」にする

 電力会社との事前協議が必要ですが、条件が整えば、

引き込みを2本にすることで、2倍の98KVAまで受け

取ることができるようになります。

(C)電気室借室内の変圧器の容量を増設

すでに借室の中に変圧器が設置されている場合は、そ

の容量を増設することで容量アップができます。

(b)「低圧」⇒「高圧」での引き込みに変更

 必要量が100KVA を超えてしまう

場合は、高圧受電になり、新たに変圧

器が必要です。電気室の新設は、現実

的ではありませんが、250KVA未満で

対応できるのであれば、パットマウント

方式があります。

容量アップのためにー2(各幹線設備の更新)

 

 

 必要に応じて、[図1]の@〜Dを更新することになり

ます。@CDは電力会社所有の機器なので、更新費用は、

電力会社の負担になります。ただし、事前協議が必要です。

 

 各マンションは、既存の幹線設備の状況と必要電気量

から、具体的な改修計画を立てることになります。室内

工事、停電もありますから、丁寧な広報活動を実施し、

住民の納得と協力を得ることが非常に重要です。 

注意点

◎2回の停電と室内工事が必要

1回目は、共用部分の幹線の引き替え時の停電で、半

日程度になります(古い幹線を使用しつつ、新しい幹線

を新設し、切り替える場合)。2回目は住戸内の分電盤を

取り替える際の停電で、各住戸1時間程度になります。

この工事は室内工事になります。

◎露出配管になる可能性が高い

高経年マンションの場合、電気幹線の管路は細く、既存

の管路の中にサイズアップした電気線を通すのは困難なた

め、新しい配線は、露出配管になる可能性が高くなります。

専有部内の配線引替えについて

・通常、管理組合が工事を実施するのは、引き込み

部分から各戸分電盤までになります。

・その先の室内コンセントの配線の引替えや増設は、

各戸が必要に応じて実施することになります。ガス

調理器具からIH調理器具に変更を希望する場合に

は、配線も単相3線式に更新する必要があります。

「マンションNPO通信 67号(2015/2/15発行)P4〜5所載」


著作権について プライバシーポリシー マンションNPO

© 2002-2018 - 特定非営利活動法人 マンション管理支援協議会