「建物設備の知識」 > 「防火管理 目次」 > 【前頁】 12. 消防計画(3) > 13. 消防設備自主点検表 > 【次頁】 「14. 住宅用火災警報器」

13. 消防用設備自主点検

消防用設備自主点検

(注:この表は皆様の設備に合わせてご自由に編集してご活用ください)

実施設備 確 認 箇 所 点検結果
消火器
(○年○月○日実施)
(1) 設置場所に置いてあるか
(2) 薬剤の漏れ及び消火器の変形、損傷、腐食等がないか。
(3) 安全弁がはずれ、封の脱落がないか。
(4) ホースに変形、損傷、老化等がなく、内部につまりがないか。
(5) 圧力計は指示範囲にあるか。
屋内消火栓設備
泡消火設備( 移動式)
(○年○月○日実施)
(1) 使用上の障害となる物品はないか。
(2) 消火栓扉は確実に開閉できるか。
(3) ホース、ノズルが接続され、変形、損傷等がないか。
(4) 表示灯は点灯しているか。
スプリンクラー設備
(○年○月○日実施)
(1) 散水障害がないか。
(2) 間仕切り、棚等の新設による未警戒部分がないか。
(3) 送水口の変形及び障害物の存置がないか。
(4) スプリンクラーヘッドに漏れ、変形はないか。
(5) 制御弁は常時「開」の状態になっているか。
水噴霧消火設備
(○年○月○日実施)
(1) 散水障害がないか。
(2) 間仕切り、棚等の新設による未警戒部分がないか。
(3) 管、管継手に漏れ、変形がないか。
泡消火設備(固定式)
(○年○月○日実施)
(1) 泡の散布を妨げるものはないか。
(2) 間仕切り、棚等の新設による未警戒部分がないか。
(3) 泡のヘッドの詰まり、変形はないか。
不活性ガス消火設備
ハロゲン化物消火設備
粉末消火設備
(○年○月○日実施)
(1)

起動装置又はその直近に防護区画の名称、取扱方法、保安上の注意事項等が明確に表示されているか。(手動起動装置)

(2)

手動起動装置の直近の見やすい箇所に「二酸化炭素消火設備」「ハロゲン化物消火設備」の表示が設けてあるか。

(3) スピーカー及びヘッドに変形、損傷、つぶれはないか。
(4) 貯蔵容器の設置場所に標識が設けてあるか。
屋外消火栓設備
(○年○月○日実施)
(1) 使用上の障害となる物品はないか。
(2) 消火栓扉の表面には、「消火栓」又は「ホース格納庫」と表示されているか
(3) ホース、ノズルに変形、損傷がないか。
動力消防ポンプ
(○年○月○日実施)
(1) 常置場所の周囲に使用の障害となる物品がないか。
(2) 車台、ボディー等に割れ、変形、ボルトの緩みがないか。
(3) 管そう、ノズル、ストレーナー等に変形、損傷がないか。
自動火災報知
(○年○月○日実施)
(1) 表示灯は点灯しているか
(2) 受信機のスイッチは、ベル停止となっていないか。
(3) 用途変更、間仕切り変更による未警戒部分がないか。
(4) 感知器の破損、変形、脱落はないか。
ガス漏れ火災警報器設備
(○年○月○日実施)
(1) 表示灯は点灯しているか
(2) 受信機のスイッチは、ベル停止となっていないか。
(3) 用途変更、間仕切り変更、ガス燃焼機器の設置場所の変更等による未警戒部分がないか。
(4) ガス漏れ検知機の変形、損傷、腐食がないか。
漏電火災警報器
(○年○月○日実施)
(1) 電源表示灯は点灯しているか。
(2)

受信機の外形に変形、損傷、腐食等がなく、油、煙、ほこり、錆等で固着していないか。

非常ベル
(○年○月○日実施)
(1) 表示灯は点灯しているか。
(2) 操作上障害となる物品がないか。
(3) 押しボタンの保護板に破損、変形、損傷、脱落等ないか。
放送設備
(○年○月○日実施)
(1) 電源監視用の電源圧力計の指示は適正か。また電源監視用の表示灯は正常に点灯しているか。
(2) 試験的に放送設備により、放送ができるかどうかを確認する。
避難器具
(○年○月○日実施)
(1) 避難に際し、容易に接近できるか。
(2) 格納場所の付近に物品等が置かれ、避難器具の所在がわかりにくくなっていないか。
(3) 開口部付近に書棚、展示台等がおかれ、開口部をふさいでいないか。
(4) 降下する際に障害となるものがなく、必要な広さが確保されているか。
(5) 標識に変形、脱落、汚損がないか。
誘導灯
(○年○月○日実施)
(1) 改装等により、設置位置が不適正になっていないか。
(2) 誘導灯の周囲には、間仕切り、ついたて、ロッカー等があって視認障害となっていないか。
(3) 外箱及び表示面は、変形、損傷、脱落、汚損等がなく、かつ、適正な取り付け状態であるか。
(4) 不点灯、ちらつき等がないか。
消防用水
(○年○月○日実施)
(1) 周囲に樹木等使用上の障害となるものはないか。
(2) 道路から吸管投入口又は採水口までに消防自動車の進入路が確保されているか。
(3) 地下式の防火水槽、池等は、水量が著しく減少していないか。
連結散水設備
(○年○月○日実施)
(1) 送水口の周囲は、消防自動車の接近に支障はないか。また、送水活動に障害となるものがないか。
(2) 送水口に変形、損傷、著しい腐食等はないか。
(3) 散水ヘッドの各部に変形、損傷がないか。
(4) 散水ヘッドの周囲には、散水を妨げる広告物、棚等の障害物がないか。
連結送水管
(○年○月○日実施)
(1) 送水口の周囲は、消防自動車の接近に支障はないか。また、送水活動に障害となるものがないか。
(2) 送水口に変形、損傷、著しい腐食等はないか。
(3) 放水口の周囲には、ホースの接続や延長等の使用上の障害となるものがないか。
(4) 放水口を格納する箱は、変形、損傷、腐食がなく、扉の開閉に異常がないか
(5) 表示灯は点灯しているか。
非常コンセント設備
(○年○月○日実施)
(1) 周囲に使用上障害となる物品はないか
(2) 保護箱は、変形、損傷、腐食等がなく、容易に扉が開閉できるか。
(3) 表示灯は、点灯しているか。
検査実施者氏名 ○○  ○○ 防火管理者確認 ○○  ○○

(次頁へ)14. 住宅用火災警報器